イベント情報



Peter Ilyich Tchaikovsky


ロシアの代表的な作曲家、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーの作品は、世界中で最も頻繁に演奏されています。彼は1840年、中佐でエンジニアのイリヤ・ペトロヴィッチの家庭に生まれました。両親ともに音楽が好きで、楽器を演奏することもできた。そのため、5歳の頃からピアノのレッスンを受けていたという。しかし、両親は息子の将来のために法律を学んだ方が良いと考えた。当時のロシアには、著名な作曲家はおらず、音楽教師も身分が低いとされていたため、音楽家の活躍の場はほとんどなかった。1859年、チャイコフスキーは帝国法律学校を卒業し、司法省の助手として働き始めた。

21歳になったチャイコフスキーは、公務員を辞めて音楽一筋で生きていくことを決意した。父親は、この決断に失望しながらも、ピョートルの行動を支持したという。その後、チャイコフスキーは、モスクワ音楽院の音楽教師や雑誌の批評家として活躍し、ヨーロッパ各地を旅した。モスクワに移ってからは、ロシアの音楽界で有名になり、影響力を持つようになり、1880年代には世界的に認められるようになった。この時期、チャイコフスキーはバレエ「白鳥の湖」や「眠れる森の美女」、オペラ「オネーギン」、ピアノ協奏曲第1番などの最高傑作を作曲している。アメリカでも人気が高く、1891年にはカーネギーホールのオープニングでオーケストラを指揮している。

Gift card