クラシックの醍醐味。スメタナ、ドヴォルザーク、ヴィヴァルディの「四季」をコンチェルティーノ・アンサンブルと市立劇場で。

プラハ, 市民会館 (オベツニー・ドゥーム) (Obecní dum) — Smetana Hall

自由席  1 h 5 min  瞬時にeチケット 柔軟性のあるギフトとして贈る

チケットを選ぶ

総額
59

イベント情報

モーツァルト、ドヴォルザーク、スメタナ、ヴィヴァルディ、ピアソラ、ビゼーなどのクラシック音楽を、プラハの宝物、世界的に有名な市立劇場Obecní dumで聴くことができる、待望のコンサートです。

Municipal House (Obecní dum)


プラハの人気観光スポットであり、旧市街で最も美しい建物の一つであるMunicipal Houseは、共和国広場の火薬門からほど近い場所に位置しています。中世にはボヘミア王の宮殿があり、その後、大学、大司教の住居、軍事学校として使用されていました。この建物は最終的に取り壊され、1912年にアールヌーボー様式の新しい市庁舎が建設された。開館以来、舞踏会、コンサート、展覧会、1918年のチェコスロバキア独立宣言など重要な会議が開かれるなど、華やかな場所として利用された。

現在、市立劇場は主にプラハのクラシックコンサートの会場として利用されています。メインホールは、チェコの有名な作曲家ベドリヒ・スメタナにちなんで名づけられ、「プラハの春国際音楽祭」の主要なステージのひとつとなっています。最大1200人を収容できるこのホールは、ユニークな音響効果を持っています。スメタナホールの建築的ハイライトは、鉄格子とステンドグラスで装飾されたガラスのドームで、暗闇になるとライトアップされます。世界の偉大なオルガニストの多くが巡礼の地とするこの市立ハウスの真の宝石は、スメタナの肖像画を冠した約5000本のパイプからなる大オルガンです。

プログラム

  • アントニオ・ヴィヴァルディ – Winter from The Four Seasons
  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト – A Little Night Music
  • ベドルジハ・スメタナ – The Moldau (Vltava)
  • アントニン・ドヴォルザーク – Symphony No.9 E minor „ From The New World“ (Largo)
  • Bizet/de Sarasate – Carmen (Fantasy)
  • アストル・ピアソラ – Oblivion
プログラムは変更される場合もございます

アーティスト

アンサンブル: コンチェルティーノ-ソロ・アンサンブル

ソリストアンサンブル「コンチェルティーノ・プラハ」は1995年に設立され、フランス・ストラスブールの人権ビルディングのオープニングセレモニーでデビューを飾った。 フランスでの初演には、チェコの元大統領ヴァーツラフ・ハヴェルが出席した。

ヴァイオリニスト: フェドチュク、ローマン

ウクライナ出身。リヴィウのS.クルシェルニツカ音楽院とチャイコフスキーのモスクワ音楽院で学ぶ。ゲルンバッハ国際音楽コンクールやプラハの春音楽祭で受賞している実力派ヴァイオリニストである。

住所

市民会館 (オベツニー・ドゥーム) (Obecní dum), 5 Republic Square (Namesti republiky 5), プラハ, チェコ — Googleマップ

Gift card