×

アドバイス

イベントをもっと楽しくご鑑賞頂くために

オペラやクラシック音楽のコンサートをより楽しむための7つのアドバイス

ドレスコードは?
ドレスコードが指定されているイベントもございますが、弊社で取り扱い中のイベントの大半がドレスコードの指定が出ていないものとなります。そのため、正装の必要はございませんが、あまりカジュアル過ぎる服装(半ズボンにビーチサンダル等)は避けた方がよろしいかと思います。クラシック音楽のコンサートでしたら男性は襟のあるトップスにジーンズ以外のズボン、女性でしたらワンピースを弊社ではお勧めしております。ザルツブルク音楽祭やオペラの高いカテゴリーのチケットをオーダーされた場合は男性でしたらダークカラーのスーツにネクタイ、女性でしたら結婚式の披露宴などに参加されるような装いお勧めしております。

休憩時間は?
オペラの幕間、コンサートの休憩はおよそ20分程度。この間にお手洗いに行かれたり、ホール内にあるスタンドでお飲み物やスナックをお召し上がり頂くことが可能です。団体のお客様向けに休憩時間の飲食用のテーブルを事前に予約可能な歌劇場やコンサート・ホールなどもございます。

コンサート当日のスケジュール
コンサート当日は入場開始時間より少し早めに会場にお越しになられることをお勧めいたします。正規チケットをお受け取り、会場にご入場、手荷物やコートなどをクロークにお預けになられる場合は貴重品が入っていないことを必ずご確認ください。コンサートが開演する前には必ず携帯電話をマナーモードにして頂くようお願い申し上げます。

オペラなどのあらすじ
ヨーロッパの歌劇場で上演されるオペラは現地の言語が字幕として表示されます。英語の字幕が出ることもございますが、字幕は読みづらい場合もございますので、オペラのあらすじなどはご出発前に予習されていくことをお勧めいたします。

拍手のタイミングは?
基本的に曲の終わり、幕の終わりなどに拍手して頂くようお願い申し上げます。特にオペラの場合、話の流れがお客様の拍手により中断されてしまうことがございますので、お気をつけください。またクラシック音楽のコンサートでは指揮者がステージに登場する際にも拍手をすることになっています。

禁止事項
上演中の写真撮影やビデオ撮影は禁止されています。また小さいお子様(小学生以下)のお子様は他のお客様にご迷惑となるため、ご入場をお断りすることがございます(お子様向けの特別プログラムは例外となります)。上演中の飲食も禁止されておりますので、飲食は休憩時間にお願いいたします。


上演時間は?
通常、コンサートですと2時間程度の演奏時間、合間に20分程度の休憩が入ります。オペラですと平均的には上演時間3時間程度、幕間に15分~20分の休憩が入ります。ドイツ・オペラですと5時間程度の上演時間となる場合もございます

ご参考になれば幸いです。

Classicticチーム一同


©Classictic.com