ドヴォルザーク「新世界交響曲」プラハ公演

プラハ, 市民会館 (オベツニー・ドゥーム) (Obecní dum) — Smetana Hall

最高の座席割り当て  2 h  瞬時にeチケット 柔軟性のあるギフトとして贈る

チケットを選ぶ

総額
59

イベント情報

プラハのMunicipal House Obecní dumで、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」をハイライトとする忘れられないクラシック音楽の公演をお聴きください。

Antonín Dvořák
アントニン・ドヴォルザークは、世界で最も有名なチェコ人の一人と考えられており、彼の音楽活動は生前にすでに国際的に認められています。彼は1841年にチェコの小さな村の肉屋の家に生まれた。6歳でヴァイオリンを習い始めたドヴォルザークは、すぐにその才能を見いだされ、音楽家としての道を歩み始めた。その後、ピアノやオルガンを習得すると同時に、屠殺場で働くようになる。ドヴォルザークは16歳になると、将来のプロの作曲家を養成するプラハのオルガン学校に入学することになった。卒業後はプラハに残り、カレル・コムザックのオーケストラに入り、積極的に作曲を始めた。しかし、生活費に困り、教会での演奏や音楽の個人レッスンなど、常に副業に追われた。
そして、1874年、ついに彼の人生の転機となる、オーストリア賞のコンクールで、提出した15曲の作品に対して資金援助を受けることができたのである。これによって、彼はオーケストラを辞め、作曲に専念することができるようになった。この間、「スラブ舞曲」「モラヴィア二重奏曲」「ヴァイオリン協奏曲」などを作曲し、一躍有名になった。1892年、ニューヨーク国立音楽院に招かれ、1895年まで滞在した後、帰国した。プラハ音楽院で教え始め、後に院長となる。1904年に亡くなるまで、彼は作曲家として成功を収め、母国だけでなく世界中で愛された。

プログラム

  • アントニン・ドヴォルザーク – 交響曲第9番「新世界より」
  • Alexey Shor – Concerto No.2 for violin and orchestra „Phantasms“
  • アントニン・ドヴォルザーク – Concerto for cello and orchestra h‐moll
プログラムは変更される場合もございます

アーティスト

オーケストラ: Philharmony B.Martinů Zlín
指揮者: Belli, Massimo
ヴァイオリニスト: Pocitari, Dumitru
チェロ: Sekaci, Jan

住所

市民会館 (オベツニー・ドゥーム) (Obecní dum), 5 Republic Square (Namesti republiky 5), プラハ, チェコ — Googleマップ

Gift card