• Concertgebouw Amsterdam, Main Hall, © Photo: Fred George
  • Concertgebouw Amsterdam, Main Hall
  • Concertgebouw Amsterdam, Main Hall, © Photo: Hans Roggen
  • Concertgebouw Amsterdam, Recital Hall, © Photo: Hans Roggen
  • Concertgebouw Amsterdam, Choir Hall, © Photo: Hans Roggen
  • Concertgebouw Amsterdam, Mirror Hall, © Photo: Hans Roggen
  • Concertgebouw Amsterdam, © Photo: Leander Lammertink

Bach's St Matthew Passion: Concertgebouworkest and Philippe Herreweghe

アムステルダム, コンセルトヘボウ (Concertgebouw) — Main Hall

最高の座席割り当て 3 h 10 min

チケットを選ぶ

総額
$ 194
柔軟性のあるギフトとして贈る

イベント情報

The Concertgebouworkest, Collegium Vocale Gent, Nationaal Kinderkoor and outstanding soloists will perform Bach´s masterwork under the baton of Philippe Herreweghe in the prestigious Concertgebouw.

プログラム

  • ヨハン・ゼバスティアン・バッハ – マタイ受難曲 BWV 244
プログラムは変更される場合もございます

アーティスト

フローリアン・ベッシュ (ソリスト)

フィリップ・ヘレヴェッヘ (指揮者)

Philippe Herreweghe is a Belgian conductor. He is principally known as a conductor of Johann Sebastian Bach, the German composer who wrote over one thousand works. He is regarded by leading Bach scholars today as a founding father of the baroque authentic practice, original instrument movement and one of record label Harmonia Mundi's most prolific recording artists, with over sixty albums to his name. His early training as a chorister and assistant choirmaster in a Jesuit school was complemented by piano studies at the Ghent Conservatory. At university Herreweghe studied psychiatry and formed a 12‐person choir devoted to the revolutionary performing practices of Gustav Leonhardt, Ton Koopman and the Kuijken brothers.

アレックス・ポッター (ソリスト)

カウンターテナー

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (オーケストラ)

世界最高峰のオーケストラの一つ、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。「ベルベットの弦、黄金の管弦、比類なき個性を持つ音質の木管」、演奏文化を守りながらも個性と柔軟性を持つその演奏は世界中から高い評価を受けています。

ウィレム・メンゲルベルクの時代にはリヒャルト・シュトラウスやグスタフ・マーラー、クロード・ドビュッシー、イーゴリ・ストラヴィンスキーといった偉大なる作曲家たちがコンセルトヘボウ管弦楽団を指揮。ブルーノ・マデルナ、ルチアーノ・ベリオ, ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ、ルイジ・ノーノといった現代の作曲家たちにもその伝統が受け継がれています。

ゲスト指揮者
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団は世界的に有名な指揮者と共演する機会も多数。今までにゲスト指揮者として登場したのはアルトゥル・ニキシュ、カール・ムック、 ブルーノ・ワルター、オットー・クレンペラー、ラファエル・クーベリック、ピエール・モントゥー、オイゲン・ヨッフム、カール・ベーム、ヘルベルト・フォン・カラヤン、 ゲオルグ・ショルティ、 ジョージ・セル、 カルロス・クライバー、レナード・バーンスタイン、 コリン・デイヴィス、 クルト・ザンデルリング、キリル・コンドラシン、カルロ・マリア・ジュリーニ、 クルト・マズア、ロリン・マゼール、 ズービン・メータ、そして名誉ゲスト指揮者としてニコラウス・アーノンクール。これらのマエストロ達との共演でさらに演奏とレパートリーの幅を広げています。

ドロテー・ミールズ (ソリスト)

Soprano

コレギウム・ヴォカーレ・ゲント (合唱団)

Collegium Vocale Gent was founded in 1970 on the initiative of Philippe Herreweghe.

It was one of the first ensembles to use the then‐new ideas about baroque practice in vocal music performances. Musicians such as Gustav Leonhardt, Ton Koopman and Nikolaus Harnoncourt immediately took an interest in the Flemish ensemble’s fresh, new approach, which led to intensive collaboration.

In the mid‐1980s the ensemble acquired international fame and was invited to all the major concert halls and music festivals of Europe, Israel, the United States, Russian, South America, Japan, Hong Kong and Australia.

Nationaal Kinderkoor (合唱団)

Stražanc, Krešimir (Bass)

住所

コンセルトヘボウ (Concertgebouw), Concertgebouwplein, 10, アムステルダム, オランダ — Googleマップ

イベント開催日

Gift card