Staatsbibliothek zu Berlin

ベルリン, ドイツ



1661年にブランデンブルグ選帝侯フリードリッヒ・ウィルヘルムによって“選帝侯図書館”として建設されたベルリン国立図書館。1701年にベルリン王立図書館となりドイツ君主制が終焉を迎えた後、1918年からプロイセン図書館という名前になります。第二次世界大戦中は蔵書(約300万の書物と資料)は修道院や城、鉱山などといった安全な場所に保管されました。その蔵書の一部は1945年以降、本来の場所であるウンターデンリンデンの建物に(東)に返還され、一部はポツダマーシュトラッセに1970年代に新たに建設された国立図書館(西)の蔵書となりましたが、オリジナルの蔵書の一部はポーランドや旧ソビエト連邦の領域にまだ残っています。

住所

Staatsbibliothek zu Berlin, Potsdamer Straße 33, 10785 ベルリン, ドイツ, Googleマップ

現在、オーダー可能な日程はございません。

Gift card