サンタンジェロ橋のメソジスト教会 (Chiesa Metodista di Ponte Sant'angelo)

ローマ, イタリア

元々St. Celsusの修道士が建物を保有していましたが、イタリア自由教会が買い取り、1877年3月18日にアレッサンドロ・ガヴァッツィによってプロテスタントの崇拝の場所として捧げられました。当時、建物には礼拝の聖域だけでなく、神学校、ジュニアスクール、幼児学校、図書館もありました。ガヴァッツィが神学校を運営している一方で、ルドヴィコ・コンティは信徒への牧師として仕えました。建物にあったその学校には1904年には3,521名の生徒がいましたが、ジュニアスクールは1907年、幼児学校は1912年に閉鎖されました。同年9月には教会自体が閉鎖されました。その閉鎖は、1905年のイタリアメソジスト教会とイタリア自由教会の合併後の合理化の結果でした。

ところが1919年にメソジスト管理大臣であるイギリス人のレブ・エドガー・ブラフォードがこの戦略的な場所に教会を再び開くことにしました。後の1934年、教会はエマニュエル・スバフィ牧師の先導の下で現在のレイアウトに改造されました。1955年以来、サービスはローマの多国籍な英語を話す地元住民と訪問する観光客に提供するために英語となっています。

住所

サンタンジェロ橋のメソジスト教会 (Chiesa Metodista di Ponte Sant'angelo), Piazza di Ponte Sant'Angelo, 68, 00186 ローマ, イタリア, Googleマップ

現在、オーダー可能な日程はございません。

Gift card