• Fürsterzbischöfliche Residenz

Fürsterzbischöfliche Residenz

ザルツブルク, オーストリア

ザルツブルクのレジデンツ宮殿は神童と称されたモーツァルトがここでピアノを演奏したことでも世界的に有名な場所。

16世紀にディートリヒ大司教によって建設されたレジデンツは何世紀にも渡り貴族達の娯楽の目的で使用され、現在はザルツブルク州の所有下に置かれています。モーツァルトはここで定期的に演奏を行い、バイオリン・コンチェルト は1775年12月20日にここで最初に演奏されました。


ザルツブルクの歴史的な建造物の一つであるレジデンツ。180室以上の部屋、ホールなどがあり州政府の公式行事に使用されたり、品のあるイベントなどにレンタルされたりしています。

住所

Fürsterzbischöfliche Residenz, Residenzplatz 1, 5020 ザルツブルク, オーストリア, Googleマップ

入手できるイベントは見つかりませんでした。